お湯と木のブログ
oyutoki.exblog.jp

温もりのある情報をお届けします。
カテゴリ
全体
お湯と木の話
商品紹介
特注品
イベント
ネットショップ
私事
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
高級木製風呂椅子と湯桶

長持ち風呂椅子のホームページ


木を創造する
自然の活力を活かす

ダイワ産業株式会社
ホームページ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧
業務用浴槽フタ「ほっとシート」
b0129451_17501295.jpg

ありそうでなかった業務用の浴槽フタ。
ダイワ産業の新製品「ほっとシート」をご紹介します。

お湯は温度が下がれば温めなければなりません。
大浴場の開放時間が決まっている施設では、大浴場を閉めている間、お湯をそのままにしておくため、かなりの温度低下があることかと思います。
ご家庭のお風呂ならいいですが、施設の大浴場ともなると容量が大きいので、かなりのコストがかかっていることでしょう。

温度低下を防ぐため、発泡スチロールやブルーシートなどをかぶせている施設もあると聞きます。
発泡スチロールやブルーシートでもある程度の温度低下は防ぐことができますが、それ以上に手間がかかってしまいます。

何かよいものはないだろうとお考えの施設様にこの「ほっとシート」をオススメします!
b0129451_17571348.jpg

ほっとシートの特長
1.コストダウン
湯の温度を上げるための燃料を抑え、大幅なコストダウンが望めます!
仮に5000リットルの水の温度を10℃上げるとすれば、そのためのA重油は約5.3リットル必要になります。
A重油の単価を70円/リットルとすると、371円のコストがかかってきます。
月に換算すると、1万円を越える経費が必要になる計算になります。
ほっとシートで温度低下を防ぐことができれば、大幅なコストダウンが望めるでしょう。
※効果は気温や環境、その他諸条件によって変わります

2.手間がかからない
軽量で折りたたみやすく、使用や収納の手間が少なくて済みます。

3.結露が防げます
壁、天井、窓などの結露が防げますので、カビなどの防止にもつながります。

4.虫などの混入を防げます
ほっとシートで湯面をカバーしますので虫や葉っぱ、その他の異物の混入を防げます。

耐久性が高いので、コスト削減によって購入費用を償却した後も長くお使いになれます。
ハサミで簡単にカットできますので、浴槽の形状にもぴったり合わすことが出来ます。

興味をもたれた方はまずはお問い合わせ下さい。

ほっとシートの詳細はコチラから
[PR]
by daiwasangyou | 2010-03-18 18:26 | 商品紹介